BLOG お知らせ

メタボリックシンドロームについて【内科】

皆さま、こんにちは。毎日猛暑・・・と思っていたら全国的にお天気が不安定な日が続いていますね。

蒸し暑さも増し熱中症の方も増えています。適度に休息をとりながらこの暑さを乗り越えていきましょう。

今回はメタボリックシンドロームについてのお話です。

よく「メタボ」という言葉を耳にするかと思います。

ではメタボリックシンドロームとは具体的にどういう体の状態なのか考えてみませんか?

現在メタボリックシンドロームは我が国においても心血管病発症の重要な危険因子です。

日本ではウエスト周囲径(おへその高さの周囲)が男性85㎝、女性90㎝以上でかつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると「メタボリックシンドローム」と診断されます。

【メタボリックシンドロームの診断基準】

(必須項目)ウエスト周囲径 男性≧85㎝・女性≧90㎝

(選択項目)3項目のうち2項目以上

・高トリグリセライド血症≧150㎎/㎗かつ/または低HDLコレステロール血症<40㎎/㎗

・収縮期血圧≧130㎜Hgかつ/または拡張期血圧≧85㎜Hg

・空腹時高血糖≧110㎎/㎗

【健幸クイズ☆メタボリックシンドローム編】

下記であっているものはどれでしょう?

①メタボリックシンドロームで心筋梗塞などのリスクが上がる

②体重と中性脂肪、コレステロール値は関係ない

③体重を減らすだけで血糖値は下がる

④体重と血圧は関係しない

⑤果物はビタミン類を含んでいるため多く摂取してもメタボにならない

正解は・・・①、③

②:体重が増えると中性脂肪、コレステロールは上がります

④:体重が減ると5%程度が減ると言われています

⑤果物も糖分を多く含んでいます。果物を摂りすぎると高脂血症の原因にもなります

【健幸クイズ☆メタボリックシンドローム編】

下記であっているものはどれでしょうか?1つ選んでください

①日本の肥満人口は世界先進諸国で低い

②タバコを全く吸わない人より数本吸う人の方が心筋梗塞になりにくい

③食事の際、食べる順番は関係ない

④皮下脂肪を除去する脂肪吸引術はメタボを改善する

正解は・・・①です

①:〇 国際的には最も肥満率の低い国の一つです

②:× 喫煙は健康面での良い面は一つもありません。喫煙している方は今すぐに禁煙を行いましょう

③:× 全く同じ食事をしても食べる順番によって吸収に差が出ると言われています

   野菜を最初に食べることで血糖値の急上昇が抑えられます

④× メタボの基準にも入っている腹囲は内臓脂肪を反映します。皮下脂肪が減ることでボディラインは改善します

【健幸クイズメタボリックシンドローム編】

下記で合っているものはどれでしょうか?1つ選んでください。

①BIMはメタボリックシンドロームの指標になる

②働いている人は年に1回健康診断を受ける必要がある

③特定健診とメタボリックシンドロームは関係性はない

④睡眠時間は健康には影響を及ぼさない

⑤食事は就寝前の5時間以上前に済ませるのが良い

正解は・・・②です

①:× 肥満度の指標になります。18.5から24.9が正常といわれています。

②:〇 これは健康安全衛生法に基づいています

③:× 特定健診はメタボリックシンドロームに着目した健診です。40歳から74歳となる全ての医療保険の被保険者・被扶養者が対象です

④:× 7時間睡眠が一つの目安になっています。睡眠時間が長すぎても短すぎても死亡率が上昇することが知られています

⑤:× 食事は遅くなったとしても就寝の2~3時間前に済ませるのが良いとされています。5時間以上前に済ませなくても大丈夫です

お身体のことで不安がある・・・肥満や高血圧を指摘された・・・などありましたらお気軽にご相談ください

内科は毎週(月)(水)(木)の午前・午後、(金)の午前のみ診療しております。医師都合で休診の日もございますので事前に診療日をご確認ください